Amazon

2013年8月31日土曜日

山積みの問題解決



いろいろとパーミッション関連で不具合山積みでしたが、ちょっと強引な方法で解決しました。


新しく購入した玄箱を使ってtarballからパーミッションを保持したイメージを展開します。




準備


新しい玄箱1つ、S-ATA-UAB変換ケーブル、作業用のIDEハードディスク、IDE-USB変換ケーブルを準備します。


IDEディスクには、debootstrapイメージが準備されています。


玄箱からS-ATAハードディスクを取り出しS-ATA-USB変換ケーブルを使って新しい玄箱に接続します。


IDEハードディスクもUSB接続したら玄箱を起動します。


IDEハードディスクでdebootstrapイメージを作る


下記と同じ要領でdebootstrapイメージを作りchrootします。


id:ksaito11:20070427



~ # chroot /mnt/disk1/kurodev/mnt/debinst
sh-3.1#


この環境で、さらにdebootstrapで環境を作りtarbaallにします。



sh-3.1# debootstrap etch /mnt/debinst http://ftp.jp.debian.org/debian
I: Retrieving Release
I: Retrieving Packages
I: Validating Packages
...省略...
I: Configuring sysklogd...
I: Configuring tasksel...
I: Base system installed successfully.
sh-3.1# cd /mnt/debinst
...必要な設定(サーバ名、fstab、resolve.conf、apt、ネットワーク、アカウント)...
sh-3.1# tar cfz ../hddrootfs.tar.gz ./*
sh-3.1# cd /mnt/debinst
sh-3.1#


S-ATAハードディスクにDebian環境を展開する


S-ATAの2番目のパーティションのDebian環境を削除して新しく作ったtarballを展開します。



sh-3.1# mkdir sata
sh-3.1# mount /dev/sdb2 /mnt/sata
sh-3.1# cd /mnt/sata
sh-3.1# ls
bin dev home lib mnt proc sbin sys usr
boot etc initrd media opt root srv tmp var
sh-3.1# rm -rf *
sh-3.1# ls
sh-3.1# tar xf ../hddrootfs.tar.gz
sh-3.1# ls
bin dev home lib mnt proc sbin sys usr
boot etc initrd media opt root srv tmp var
sh-3.1#


S-ATAハードディスクを玄箱に戻し起動


pingは、一般ユーザでも使えてsuやsudoパーミッションもscreenも問題なく使える。(やった!)



Linux debian 2.6.12.6-arm1 #2 Thu Feb 8 15:00:20 JST 2007 armv5tejl

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Wed May 9 07:52:39 2007 from in-addr.arpa
$





0 件のコメント: