Amazon

2013年8月31日土曜日

IDやパスワードの設定



Nagios2でBASIC認証のサイトを監視するには、IDやパスワードを設定する必要があります。


IDとパスワードを設定するファイルのアクセス権


IDやパスワードは、/etc/nagios2/resource.cfgに設定します。


パスワードは、暗号化されていないテキストなのでアクセス権は、600が必須です。



$ ls -l /etc/nagios2/resource.cfg
-rw------- 1 nagios nagios 1371 2008-03-06 00:00 /etc/nagios2/resource.cfg
$

IDとパスワードの設定


IDやパスワードは、/etc/nagios2/resource.cfgに$USERx$を下記のように設定します。


なぜか、$USERx$でないとマクロとして認識してくれません。



$ sudo grep USER /etc/nagios2/resource.cfg | grep -v \^#
$USER1$=userid
$USER2$=password
$

サービスからの参照


BASIC認証のサイトを監視するには、次のように設定します。



define service {
use generic-service
host_name localhost
service_description HTTP_BASIC
check_command check_http_auth!$USER1$:$USER2$
}




0 件のコメント: