Amazon

2013年8月31日土曜日

玄箱PROのDebian化



玄箱PROに添付されているマニュアルの付録Bにあるhddブート環境の作成方法を使います。


"動作は保障しないが"とただし書きがあるのがすごいですね。


debootstrapで作成したDebianイメージを使って玄箱をDebian化して見ました。




マニュアルにある順番と多少、違う手順でしたが...


CD-ROMにあるdevelopment_kitの中身を/mnt/mtdにコピーする


CD-ROMからdevelopment_kitの中身をUSB接続したハードディスクにコピーする。



/ # cp /mnt/disk1/development_kit/* /mnt/mtd
/ # ls /mnt/mtd
ChangeMeDevHDD ChangeMyUbootEnv hddrootfs.tar.gz uImage.buffalo
/ #


debootstrapイメージをtarzipして/mnt/mtdにコピーする



/ # cd /mnt/disk1/kurodev/mnt/debinst
/mnt/disk1/kurodev/mnt/debinst # tar cf - ./* | gzip > /mnt/disk1/hddrootfs.tar.gz
/mnt/disk1/kurodev/mnt/debinst # cd /
/ # cp /mnt/disk1/hddrootfs.tar.gz /mnt/mtd
/ #


未フォーマットHDDを取り付けて通常ブートする


書いてある通りです。


背面のRESETボタンを長押しする


前面の"Infoled"のオレンジ色のLEDが点滅します。


マニュアルによるとハートディスクのフォーマット、hddrootfs.tar.gzの展開、u-bootの環境変数書き換えが行われるらしいです。


hddrootfs.tar.gzは、/mnt/rootfsに展開されている見たい。



/ # mount
rootfs on / type rootfs (rw)
/dev/root on / type jffs2 (rw,noatime)
proc on /proc type proc (rw,nodiratime)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
usbfs on /proc/bus/usb type usbfs (rw)
devpts on /dev/pts type devpts (rw)
/dev/ram1 on /mnt/ram type tmpfs (rw)
/dev/mtd3 on /mnt/mtd type jffs2 (rw,noatime)
/dev/sda1 on /mnt/boot type ext3 (rw)
/dev/sda2 on /mnt/rootfs type xfs (rw)
/ # ls /mnt/mtd
ChangeMeDevHDD ChangeMyUbootEnv hddrootfs.tar.gz uImage.buffalo
/ # ls -l /mnt/boot/uImage.buffalo /mnt/mtd/uImage.buffalo
-r-xr-xr-x 1 root root 1736436 May 2 15:50 /mnt/boot/uImage.buffalo
-r-xr-xr-x 1 root root 1736436 May 2 15:50 /mnt/mtd/uImage.buffalo
/ # ls /mnt/rootfs
bin dev home lib mnt proc sbin sys usr
boot etc initrd media opt root srv tmp var
/ #


運命のとき


再起動... しましたが... アカウント用意して置くのを忘れました...


とても、セキュアなサーバとなってしまいました。


電源ボタンも使えないので電源コード引き抜くしか止めるてがありません。


明日、ハードディスクを引き抜いて別のLinux環境でアカウント作ろう...



$ ssh root@debian
root@debian's password:
Permission denied, please try again.
root@debian's password:
Permission denied, please try again.
root@debian's password:
Permission denied (publickey,password).
$





0 件のコメント: